日常日和

長沢和輝のプロフィールは?学生時代のトレーニングや練習方法も

   

長澤和樹選手は現在は浦和レッズダイヤモンド所属の、ミッドフィルダー及びディフェンダーの日本代表になります。

11月15日の強化試合の世界FIFAランク5位のベルギー戦で、日本代表初スタメン出場を決めました。

最近急成長を遂げた選手であり、若手に活躍の場を与えている日本代表ではベルギー戦ではハリル監督から高い評価を得ておりました。

今回はそんな長澤選手に迫っていこうと思います。

最近日本代表にも選出され、代表初スタメン出場を決めた長澤選手はどんな選手でしょうか。

スポンサードリンク

長澤選手の生い立ちやプロフィール

長沢和輝選手は、千葉出身の選手で小学生時代からサッカーに励んでいました。

千葉では名門の八千代高校に進学し、全国高校サッカー選手権にも出場しております。

大学にはサッカー推薦で進学をしており、1年からレギュラーに定着をしました。

2年生の時は全国大学選手権の優勝もしており、4年生時には主将も務めていました。

輝かしい成績を納めた後にプロ、そして海外サッカーを経験していました。

今ようやく日本代表にも選出されるようになった選手ではありますが、過去の成績を見るともっと早くから選出されていてもおかしくなかった選手の一人なのですね。

日本代表は正直監督の作戦や監督との相性もあって初めて選出されるようになるので、以前までは長澤選手のサッカースタイルが合わなかったのかもしれませんね。

多くの選手が日本代表に選ばれたら良いのにと思っている方は多いかと思いますが、サッカーには監督の作戦、相性がとても重要になってくるのです。

スポンサードリンク

学生時代のトレーニング

長澤選手のプレースタイルはボディバランスが優れており、ボールキープ率が高いことをハリル監督から評価されています。

そのため、学生の頃はトップ下で活躍したいましたが、キープ率の高さを評価されて、あの本田選手や香川選手のポジションを与えられているのでしょう。

そして、学生の頃からトレーニング量も人一倍だったこともあり、体力面は本田選手や香川選手以上あるところがあります。

さらに、ドリブル突破する技術もあり自ら、相手に攻め込む技術もつけています。

攻撃ができる司令塔に値しているのですね。

恐らく、今後の活躍次第では日本の主将になることもそう遠くないのではないでしょうか。

学生の頃の主将もしているのでおかしくはない選手ですね。

 

日本代表の若手思考

日本代表も若手思考になってきています。

その選手の一人として選手されているのが、長澤選手になります。

近年では、ベテラン選手の活躍の場が減ってきているのが現状だと思います。

日本代表にとっては良い傾向だと私は考えますね。

新たな戦力をどんどん試していって、FIFAランクを一桁にしてほしいと考えていますね。

なでしこジャパンは急激な成長を遂げたので男子も可能なはずであります。

今後の日本代表の活躍は更に注目していきたいと思います。

 - サッカー, スポーツ