日常日和

台風21号ランの予想進路は?関東への上陸到着日時や強さの情報

   

 

 台風21号ランが日本列島に近づいています。

日本列島に直撃するのではないか、と報道がされており、いつ頃到着するのか気になりますよね。

そこで、今回は台風21号ランの予想進路図や、関東に上陸する日時や台風の強さをまとめました。

 

スポンサードリンク

台風21号ランの予想進路は?

 台風21号ランの予想進路図について記載していきます。

 台風21号ランは、22日の朝から翌日23日にかけて、北東に進路をとりながら進んでいます。

24日の朝には、北海道の東側に進路をとり、日本列島から離れていくでしょう。

そのため、24日の火曜日には、台風の驚異はなくなりますね。

関東への上陸到着日時の情報は?

 台風21号ランが関東へ上陸する日時はいつになるのでしょうか。

情報によりますと、23日の早朝に関東に到着します。

前日の22日深夜から、関東に接近しており、真夜中の間に東京に到達するでしょう。

そのため、交通機関に大きく影響がでます。

新幹線や飛行機を使って移動される方は、22日のうちに移動を開始しておくほうが良いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

台風21号ランの強さは?

 台風21号ランが日本列島に上陸するという情報が出回っていますが、今回の報道は、いつもと少し違う気がしますよね。

いつもの台風情報ですと、新幹線や飛行機などの交通機関に大きく影響を及ぼさないためか、あまり情報的に大きく報道はされません。

しかし、今回の台風21号ランは、関東に直撃する可能性が高いためか、大きく報道されていますね。

では、台風21号ランの強さはどのくらいあるのでしょうか。

情報をまとめてみました。

【台風21号ランの強さ】

①最大瞬間風速・・・最大で65m

②波の高さ・・・最大で13m

③最大降水量・・・500mm

④強さ・・・925hPa

数値だけ見ても、2017年度で最大級の大きさであることがわかりますね。

ちなみに、風速65mというと、木がなぎ倒されるぐらいの強さがあります。

しかし、この数値は沖縄に到達した時の数値ですので、この数値よりは小さくなるでしょう。

関東に到達する頃には、降水量などはもう少し小さくなっています。

しかし、日常生活に影響が出ることは間違いありませんので、23日月曜日に出かける際には、雨合羽などの防水対策をして出かけるようにしてください。

まとめ

 いかがだったでしょうか。

台風21号ランに関する情報をまとめました。

台風21号ランは、非常に強い勢力で関東に近づいています。

23日の月曜日に、関東に直撃する可能性が非常に高いですので、通勤・通学される際には余裕をもって早めにでかけると良いでしょう。

また、荷物が濡れますので、ビニール袋などで覆っておくと防水対策になりますよ。

 

 - 台風, 未分類, 生活, 社会