日常日和

三沢基地航空祭2017のアクセスは?場所やブルーインパルスも

   

 2017年の三沢基地航空祭の開催日が9月10日に決定しました。

三沢基地航空祭といえば、1年に1度だけ行われる航空機のイベントですね。

日頃、目にする機会が少なく遠い存在として馴染みの薄い航空機。

たまに空を飛んでいる姿を見ますが、空高く飛んでいるため、豆粒のような形で詳細な形状を見ることができませんよね。

しかし、毎年行われている三沢基地航空祭は、航空機の全体像を間近で見れるだけでなく航空ショーを楽しむことができるイベントなんです。

まさに、航空機ファンにとっては1年に1度のビックイベントですね。

2017年に開かれる三沢基地航空祭のアクセスをご紹介します。

スポンサードリンク

三沢基地航空祭2017のアクセスは?

 三沢基地航空祭が開かれる場所は、三沢基地で行われます。

三沢基地の住所は、以下の住所ですね。

 ・住所:青森県三沢市大字三沢字後久保125-7

 ・最寄り駅:三沢駅

 ・降車バス停:三沢中央

こちらが、三沢基地航空祭のアクセス先になります。

当日は、基地正門前商業施設である「スカイプラザミサワ1F」で手荷物検査がありますので、忘れずに手荷物検査を受けてください。

渋滞はある?

 三沢基地航空祭に車で来られる方は、以下のルートでアクセスされると良いでしょう。

 ①東北自動車道ー八戸自動車道ー第2みちのく三沢ICで下車 そのあと三沢市方面へ

 ②国道4号より、十和田氏から三沢方面へ

 ③国道45号線より、国道338号線で三沢方面へ

こちらのルートでアクセスされると良いでしょう。

当日の渋滞ですが、渋滞が予想されます。

全国から航空機ファンが集まりますから、車の数も相当数に上りますね。

三沢基地航空祭当日は、余裕をもって会場に来られると良いでしょう。

スポンサードリンク

ブルーインパルスは見れる?

 三沢基地航空祭の目玉であるブルーインパルスですが、2017年も見れます。

展示されることが航空祭の目玉ですが、例年通りになりますと、12:55ごろからブルーインパルスショーが開催されますね。

2017年の三沢基地航空祭も、予定通りいけば、お昼頃からブルーインパルスが見れるでしょう。

ブルーインパルスのほかにも、F-2やペトリオット、北部航空音楽隊の演奏なども見れますので、そちらも見てくださいね。

まとめ

 いかがだったでしょうか。

三沢基地航空祭についてまとめてみました。

9月10日当日の天候ですが、晴れのち曇りで降水確率が20%です。

そのため、絶好の航空祭日和になりますね!

2017年も、ブルーインパルスが空を飛ぶ姿が見れるよう、当日の天候がぐずつかないように祈りましょう!

 - イベント, 未分類, 生活, 社会