日常日和

中村奨成U-18ワールドカップでの背番号は?読み方やあだ名も

   

 全国夏の甲子園で準優勝を果たした広陵高校の中村奨成捕手が、WBCS U-18ベースボールワールドカップに出場 することが分かりました。

広陵高校といえば、2017年の甲子園において、14-4にて花咲徳栄に敗れてしまった高校ですね。

惜しくも優勝を逃してしまった広陵高校ですが、その実力は素晴らしい物があります。

特に、中村奨成捕手の活躍には、目を見張るものがありましたね。

甲子園の試合では、19安打17打点という驚異的な打点を誇っています。

捕手の成績としては十分すぎる成績ですね。

そして、捕手に重要な能力の一つに遠投があります。

ファーストの選手をアウトにするため、セカンドベースに投げる球の速さ二塁送球の早さが1.85秒という速さで送球できますね。

元ヤクルトの古田敦也捕手も1.8秒~1.9秒ほどの送球の速さです。

そのため、プロ捕手と同等の送球力があるということですね。

この送球力の強さは、試合の勝敗にも影響を及ぼしています。

ファーストランナーのセカンドへの盗塁に対し、刺せるのです。

通常、セカンドへ盗塁する場合、監督はバッターにバントを指示しますね。

捕手のバント処理は難しく、セカンドへ送球するか瞬間的な判断力が求められます。

2017年の甲子園では、サードゴロを中村奨成捕手が自ら拾い上げセカンドへ送球しアウトをもぎ取っていますね

肩の強さが高校生にしてプロレベル。ドラフト候補はほぼ間違いなしです。

スポンサードリンク

中村奨成U-18ワールドカップでの背番号は?

 中村奨成捕手がU-18ワールドカップに出場しますが、気になるのは背番号ですね。

通常捕手は、「2」にまつわる背番号が授けられます。

2番だったり、27番だったり。

特に27番は、野球殿堂入りをはたしている吉原正喜捕手の背番号です。

正捕手には、27番を授けられることが多いため、中村奨成捕手も27番になるのではないでしょうか。

読み方は?

 中村奨成捕手。

名前の読み方が気になりますね。

中村は「なかむら」と普通に読めますが、奨成は少し漢字に強くないと読めない。という人もいるのではないでしょうか。

奨成の読み方ですが、「しょうせい」と読みます。

広陵高校のなかむらしょうせい」。

今後ドラフト入りの可能性が高い捕手ですので、ぜひ読み方も覚えておいてくださいね。

あだ名は?

 あだ名はあるのでしょうか。

特にあだ名で呼ばれていることはありませんが、今後、プロ野球入りする場合、あだ名をつけられる可能性がありますね。

「しょう」とか鉄板でかっこいいあだ名だと思います。

スポンサードリンク

まとめ

 いかがだったでしょうか。

中村奨成捕手は、強打強肩のスーパープレイヤーです。

相手の嫌がる采配をし、勝利へと導く捕手ですね。

今後の活躍に注目が集まります。

 - イベント, スポーツ, 未分類, 野球