日常日和

吉田麻也のプレースタイルのすごさは?海外評価や英語の勉強法も

   

 先日行われたサッカー日本代表VSオーストラリア戦ですが、見事2対0で日本代表の勝利に終わりましたね。

日本の勝利に終わった要因としては、次世代組と呼ばれているエースストライカーの活躍があったおかげです。

今までは、日本のエースとして、長谷部、長友、中田などの有名サッカープレイヤーが日本代表を引っ張ってきました。

しかし、日本代表監督のハリルホジッチ監督は、若い世代を起用する戦略をとっていく方針です。

戦略通り、次世代組の浅野拓磨選手井手口陽介選手を、積極的に投入しています。

そして狙い通り、浅野選手が前半に1点、井手口選手が後半に1点をもぎ取っていますね。

ハリルホジッチ監督の狙いとしては、若い世代に試合経験をどんどん積んでいってほしい、という信念があります。

もちろん、日本には伝統的に年上の人たちを敬う文化があることは理解を示しています。

しかし、いつまでも30代選手たちに最前線に出ていてもらっては日本代表の未来がない、と考えているようですね。

今回得点をとった浅野選手や井手口選手に注目が集まっていますが、もう一人脚光を浴びている選手がいます。

その選手は、吉田麻也選手ですね。

スポンサードリンク

吉田麻也のプレースタイルのすごさは?

 吉田麻也選手は、次世代の日本代表キャプテンとして注目を浴びています。

長谷部選手のあとを継ぐ、非常に重要なポジションを担う選手ですね。

吉田麻也選手はなぜ、日本代表キャプテンに選ばれたのでしょうか。

吉田麻也選手のプレースタイルとしては、DFにいてチーム全体の動きを見渡し指示を出すプレースタイルです。

チームメンバーと常にコミュニケーションをとっており、そのチームメンバーの統率力がハリルホジッチ監督の目に留まりました。

日本代表は、全国のサッカーチームの中から選ばれ、当然敵として戦ってきた選手もいます。

敵として戦いながらも、今度は日本を背負っていく代表仲間になったのですから、チームメンバーを統率できる力は非常に重要になりますね。

そのため、吉田麻也選手のプレースタイルが日本代表キャプテンに選ばれたすごさなのです。

海外評価は?

 吉田麻也選手は、海外からも評価を得ています。

所属するサウサンプトンから、2020年までの契約延長を打診され、契約を結んでいますね。

吉田麻也選手の持ち味とするDF能力の高さと、安定性が評価されています。

今回の契約延長にも、海外サッカーファンからも喜びの評価があがっていることが、吉田麻也選手のすごさを物語っていますね。

英語の勉強法は?

 吉田麻也選手が所属するチームは海外にあります。当然、日常生活は英語を使わなければ生活ができません。

英語の勉強方ですが、吉田麻也選手は話す」ことに重点を置いています。

日本式の英語勉強法の課題点として、読むことはできても話すことが課題になっていますね。

もちろん、吉田麻也選手も海外にいた当初は英語が苦手でした。

しかし、チームメンバーととにかく話すことで、飛躍的に英語力を向上させたのですね。

英語で積極的に人とコミュニケーションをとる。

この努力の姿勢が英語力の向上のみならず、日本代表キャプテンに選ばれた理由の一つです。

スポンサードリンク

まとめ

 いかがだったでしょうか。

日本対オーストラリア戦では得点はとらなかったものの、勝利の影の立役者として大活躍された吉田麻也選手を記事にしました。

長谷部選手の後任として、これからのサッカー日本代表を引っ張っていく重要な人物となるでしょう。

 - イベント, サッカー, スポーツ, 未分類, 生活, 社会