日常日和

藤田真央の過去の経歴学歴は?コンクールや出身高校での習い事も

   

 ピアニストの藤田真央さんが、25日、クララハスキル国際ピアノコンクールで優勝されました。おめでとうございます!

藤田真央さんが今回参加されたコンクールは、スイスで開かれているコンクールで2年に一度だけ開かれるコンクールですね。

若手ピアニストが鍛えたピアノの腕前を披露できる場所で、コンクールに優勝できれば今後のピアノ人生の大きなキャリアになることができます。

今回優勝されたことで、藤田真央さんの活躍の場が広がることは間違いないですね。

コンクールに参加すること事態、素晴らしく才能がある人した参加できません。

しかし、その才能を発揮するためには、過去の努力量が素晴らしかったからだと思います。

ここで、藤田真央さんの過去の経歴を見てみたいと思います。

スポンサードリンク

藤田真央の過去の経歴は?

 藤田真央さんは、過去に浜松国際ピアノアカデミーコンクールにて、1位を受賞された経歴があります。

この浜松国際ピアノアカデミーとは、浜松市アクトシティ音楽院の活動の一つとして昭和54年に設立されたピアノアカデミーです。

浜松市から世界で活躍するピアニストを育成する目的で設立され、今年で38年目の活動になりますね。

過去には、2012年の浜松国際ピアノアカデミーコンクールで1位を史上最年少でとった、天才ピアニストの牛田智治さんも参加されております。

有名な人が活躍される場には、実力者が自然と集まるのでしょうね。

過去の学歴は?

 藤田真央さんは、東京音楽大学付属高等学校に通学されていました。

もちろん、大学はそのまま東京音楽大学に進学され、ピアノ演奏家コース・エクセレンスに在学されております。

東京音楽大学は、優秀な音楽家を数多く輩出する日本の音楽活動の柱となる大学ですね。

北島三郎の「風雪ながれ道」を作曲された舟村徹さんも、東京音楽大学の出身です。

コンクールは?

 藤田真央さんは、過去のコンクールにはジーナ・バッカウアー国際ピアノコンクールに参加され、第3位の高成績を残された過去があります。

アメリカで開催されているコンクールで、このコンクールで高成績を残すと、アメリカでのデビューを約束される名誉あるコンクールですね。

世界各国で開催されており、世界各地で活躍する腕のあるピアニストの中から36名が選ばれ、その中で腕前を競い合うコンクールです。

スポンサードリンク

出身高校での習い事は?

 藤田真央さんの出身高校での習い事はなんでしょうか。

出身高校は、先に挙げたように東京音楽大学付属高等学校です。

高校での習い事ももっぱらピアノの練習ですね。ひたすらにピアノを弾いてきて、地味な練習をこつこつと積み重ねてきたからこそ、現在の大活躍があるのですね。

まとめ

 いかがだったでしょうか。

藤田真央さんは、若干19歳ながら、スイスで行われたクララ・ハスキル国際ピアノコンクールにも優勝されております。

幼少の頃から練習を積み重ねてきた結果が、数々の優勝を獲得するという形で表れているのでしょうね。

 - イベント, 文学, 未分類, 生活, 社会, 芸能, 音楽