日常日和

第99回夏の甲子園の注目投手は?入場曲や大阪桐蔭の日程も

      2017/08/05

 

 

 

 第99回夏の甲子園が開催されています。毎年6月から7月にかけて予選が始まり、8月に本戦が行われている恒例行事ですね。春の選抜高校野球を勝ち抜いてきた強豪が争うのですから、試合も盛り上がります。

プロ野球と違い、甲子園の試合の特徴として点数が入りやすいという特徴があります。野球にあまり詳しくないという方でも、ヒットがぽんぽんでて点数がどんどん入るのは見ていて楽しいですよね。

そしてこの夏の甲子園も、今年で第99回にもなる人気行事となっています。全国からの注目度も高く、事前に予選を生中継で見るというコアなファンまでいます。どの高校が勝つかを予想しあてる、という楽しみがあるのですね。

エクセル関数を駆使して、自前の予想表をつくり、誰が一番予想的中率が高かったかを競い合うコミュニティもネット上に存在しますから人気の高さが窺えますね。

もちろん、出身校や地元の高校の応援もあるのですが、予選から勝ち上がっていくチームを応援したいというファンもいて、現地まで駆けつける姿も恒例になりました。贔屓の投手選手や打撃選手を応援するために駆けつけるんですね。

さて、第99回夏の甲子園において、注目投手や入場曲はなんでしょうか?

スポンサードリンク

第99回夏の甲子園の注目投手や入場曲は?

 第99回夏の甲子園での注目投手をご紹介します。

まず一人目は、木更津総合高校の山下 輝(やました ひかる)選手

身長187cmという恵まれた体と、球速が149kmというプロ顔負けの速さで投げられる投手です。防御率1.07を誇り、決勝戦での習志野高校を9回3失点に抑えた名投手ですね。

打撃でも活躍し、打率が0.278という高さを持っています。ドラフト候補にも選ばれており、2016年のセンバツではベスト8にチームを導いています。

そして二人目の選手は、大阪桐蔭の横川 凱(よこがわ けい)投手

身長190cmという長身で、スライダーを得意とした左投げの投手です。その実力も本物で、今年のセンバツにて、東淀川高校を5回無失点にまで抑え込みました。

最後に大阪桐蔭の徳山 壮磨(とくやま そうま)選手。

身長183cmの右投げ投手で、球速がMAX147kmにもなります。高校1年生の時からその才能を発揮しており、明治神宮ではベスト4にまでなっております。徳山投手もドラフト候補となっており、2017年のセンバツを優勝にまで導いていますね。

そして、甲子園といえば、入場曲ですよね。この入場曲ですが、春の甲子園は毎年変わり、前年に流行った曲をアレンジして使います。夏の甲子園は毎年固定で大会行進曲ですね。山田耕筰さんが作曲されていて、1935年から使われている歴史ある曲ですね。

スポンサードリンク

大阪桐蔭の日程は?

 大阪桐蔭の日程はいつになるでしょうか。

組み合わせはまだ発表されておりませんし、対戦相手は運の要素が大きいですが日程は発表されております。

8月7日の月曜日から8月21日の月曜日 までですね。

大阪桐蔭の強さは指折りですから、決勝戦まで残ってくる可能性が高いです。決勝戦が8月21日ですので、その日に注目ですね。

2017/08/05追記

 大阪桐蔭の日程ですが、8月10日(木)の第4試合、15時30分から米子松陰と闘う事が決定足ました。

 

 - イベント, ゲーム, スポーツ, 野球