日常日和

年末大掃除スケジュール立てのポイントは?順番決めで効率アップ

      2017/07/02

皆さんは、12月の一大イベントと言えば何を思い出しますか?クリスマスや、オンラインゲームのイベント、スキー旅行と冬のイベントが盛り沢山だと思います。その中でも絶対に外せないのが、年末の大掃除ではないでしょうか?

年末に大掃除する事は、江戸時代に行われていた「煤払い」と呼ばれる行事が起源となっています。一年間の間に溜まった煤を取り除き、新しい1年を綺麗な状態で迎えようと言う神聖な儀式だったようですね。

その儀式が今なお続いている所に、日本人の掃除に対する姿勢の良さが見受けられます。

ですが、普段あまり掃除をしていない人にとっては、年末の大掃除は億劫でしかたがありませんよね。大掃除はなるべく効率よくささっと済ませたい人も多いのではないでしょうか?

そこで、今回どのように大掃除をすれば、楽に早く終わらせられるか、考えてみました。

スポンサードリンク


 

事前にスケジュールを決めましょう。

掃除で一番大切なのはなんだと思いますか?簡単便利お掃除グッズを購入する事、時間をかけずに一気にやる事など、色々思い浮かびますが、それよりも大切なのは、事前にスケジュールを決める事です。

年末の大掃除は、大晦日までに終わっていれば良いので、それよりも前から掃除を始めて、大晦日の日に大掃除が終わるようにスケジュールを組めば、楽に無理なく余裕を持って終わらせる事が出来ます。

この日にここまで終わらせる、あの日はこの人数しか掃除に人を割けないからこれぐらいの量を終わらせよう等、事前に割り振りを決めてしまいましょう。

スケジュールを立てる際のポイントとして、

  1. 日数に余裕を持ち、出来れば1ヶ月前から大掃除をスタートする事
  2. 家族の予定を把握し、多い人数、少ない人数でやれる範囲の掃除量を計算する事
  3. 一気にやろうとしない事
  4. 普段全く触れることがない場所から掃除をやり始める事

以上の4つがポイントとなります。特に4番目が重要です。全く触れない場所=人が使わない場所ですので、一度掃除をしてしまえば、人が使うことがないので年末までに汚れてしまうという心配がありません。人がよく使う場所、例えばキッチン等はすぐ汚れてしまう為、最初に掃除してもすぐに汚れるので2度手間、3度手間になるので止めておきましょう。

スポンサードリンク


 

掃除のポイントを抑えましょう

大掃除のポイントは、なんといっても無理のなくやる事です。一気にやろうとせず、参加できる人の予定を事前に把握しておく事。そして、人が触れない場所からやる事です。また、掃除の基本として、上から下に掃除をする事がポイントとなります。

 

先に下から掃除し始めると、後から上のホコリを落とした時、ホコリが下に落ちてしまいます。そのホコリをとる為に、また掃除機をかけなくてはいけなくなりますので、不必要な手間をかけないようにしましょう。

以上が、簡単に大掃除を済ませる方法となります。

皆さんの年末がより良いものになるように、参考にして貰えれば幸いです。

 - 生活