日常日和

ドローンを使った宅配事業が千葉で?配達速度や配送可能商品は?

      2017/07/02

先日の5日、日本政府はドローンを利用した宅配事業の実用化に向けて、規制を改革する方針を固めたと発表しました。手始めに、千葉市を規制緩和する区域に指定しています。

ドローンと言えば、様々な事件を起こした機械であり、ネガティブなイメージを持った人が多いのではないでしょうか?

例えば、2015年4月には、首相官邸の屋上に放射能汚染された土や発煙筒を載せたドローンが落ちているのが発見されました。しかし、ドローンが着陸してから、2週間も経ったあとに発見された為、ステルス性が高く犯罪に使われてしまうのではないかと言った懸念が持ち上がりました。

確かに、私もあまり良いイメージは持っていませんでした。

しかし、犯罪に使われてしまうといったネガティブな部分にフォーカスしていては、チャンスを見逃してしまう場合もありますよね。げんに、プライバシーの侵害と騒がれていたグーグルマップは、今現在生活に密着しており、使っていない人を探すほうが難しいのではないでしょうか?

ネガティブよりポジティブ。良い使われ方をしたほうが、生活の質の向上になりますよね。

そこで、今回の政府発表を受けて、ドローンの性能や、配達出来る商品がどのようなものになるのか予想してみました。

スポンサードリンク


 

ドローンの配達速度は?

ドローンの性能はどのようなものなのでしょうか?

まず、ドローンには種類があります。

Rolling Spider

HUBSAN X4 HD

Galaxy Visitor 6

RC EYE One Xtreme

Bebop Drone

Phantom2

Inspire1

Phantom3 Professional

Phantom3 Professional

ざっとあげてこのぐらい種類があります。

平成27年1月15日に報告されたミニサーベイヤーとよばれる機体の移動速度は最大移動速度が10m/sです。1秒間に10mも進むとなると、かなりのスピードになりますね。

もちろん、最大速度ですし、風や障害物の影響もあり、スピードはこれよりは落ちるでしょう。

しかし、この数値を見ると、車とほぼ同等ぐらいのスピードが出るのではないでしょうか。

障害物も飛び越せるため信号待ちをしなくてもよく、トラックを運転している配送業者さんは重たい荷物を運ぶだけに専念出来そうです。

スポンサードリンク


 

配達可能商品は?

では、どの程度の重さまで運べるのでしょうか?

情報によりますと、以前ドローンの宅配テストの実験が行われました。

それによると、重さ3キロまでは載せられる事が分かりました。

1リットルのペットボトルだと約3本ですし、コップや衣類、医薬品、パソコンのマウスやキーボードなどの周辺機器、生活用品も配送可能となりますね。

もちろん、条件により左右されるでしょうが、3年後は機械の性能が向上されていて、より安定性と飛行距離も伸びているでしょうし、積載重量も増えているでしょう。

こう聞くと、非常に夢のある話ですよね。今から実装が楽しみです。

 

 

 

 - 生活