日常日和

2015年双子座流星群は観測可能?当日の天候と穴場スポットは?

      2017/07/02

星

皆さんは冬のイベントと言えば何を思いつきますか?

まず真っ先に思いつくのはクリスマスではないでしょうか?毎年恒例の特別イベントで、好きな人やカップル、大切な家族と一緒に過ごす一大イベントの一つですよね。

クリスマスの為に会社を休む人や、子供にプレゼントを渡す為に何時もより早めに仕事を切り上げるお父さんも多いのではないでしょうか。

そんな大切なイベントですが、クリスマスがある週の町中は、人混みでごった返していて思う存分楽しめないという悩みを持った方もいるのも事実ですよね。

そこでちょっと視点を変えてみましょう。

何も混雑するのが判っている場所に行く必要はないのではないでしょうか?

大切なのは、すぐ側にいる人と楽しい時間を過ごせるという事です。

そこで今回取り上げるのは、双子座流星群にフォーカスしてみたいと思います。

スポンサードリンク


 

双子座流星群とは?

皆さんは双子座流星群をご存知ですか?

双子座流星群とは、3大流星群の一つに数えられていて、1年に一度だけ冬の時期に大量に星が流れる姿を見れるというものです。

その時の天候や条件次第ですが、多い時だと一晩に500個もの流星が見える時があるそうです。

天気が良いと、ハッキリとした形で流星痕(流星が通った痕)が観測でき、より感動的な流星群を見ることが出来ます。

 

実際どういったものなのか、参考画像を用意しました。

双子座流星群2

 

いかがでしょうか?

この画像を見るだけでも、ワクワクしてきますね。

スポンサードリンク


 

当日の天候は?

流星群が素晴らしいものだと理解していただけたかと思います。しかしながら、流星を見る際に一番重要なのが天候です。

どんなに素晴らしい流星があったとしても、雲に隠れていたり雨が降っていたら台無しですね。

ですので、当日の天候を調べてみました。

まず、今年の双子座流星群が観測出来る日時ですが、国立天文台の予想によると、12月15日の午前3時頃と予想されています。

早朝ともあり、起きているのが大変という人は昼間のうちに寝ておくと良いでしょう。

そして15日の天候は、残念ながら曇りでした。

しかしながら、双子座流星群が見れるのは15日だけではありません。

12日から16日頃までは、多くの流星が観測出来るとの情報がありますので、ご安心ください。

 

穴場スポットは?

流星を見る上で重要なのが、観測場所ですよね。

いざ流星を見ようとしても、ビルに阻まれてハッキリと見えないようでは台無しです。そして、あまり遠出をしてしまうと帰りが大変。

出来れば何も遮るものが無く、空一面に美しい流星を生で観たい。という思いがある人がいるのではないでしょうか?

そこで、近くて便利で良く見えるスポットを調べてみました。

まずは、「公園」です。

公園なので、広場があります。そして回りに遮るものが無いため、絶好の観測スポットとなるでしょう。

有名な公園になると、駐車場や自転車置き場もあるので交通の便が良いです。

次に「露天風呂」。

もともと露天風呂は、景色を楽しめるよう工夫が凝らされています。

それは流星観察にも遺憾なく発揮されていて、温泉に浸かりながら流星を観察出来る絶景のポイントになるでしょう。

最後に「島」。

遠出をしなくてはいけないので、事前の準備が必要ですが、人混みが少ないのと、何時もと違った別世界を存分に味わえる空間となっています。

今年の双子座流星群は、ここ数年で最高の観測年なので、この機会に是非大切な人と見てみるのはいかがでしょうか?

 - イベント